四半的弓道具選び方と価格
                
 
 四半弓は、長さ4尺5寸(今でいう約160cm)で、大弓と比べると長さは約3分の2です。昔は山から竹を取ってきて自分で作ったようですが、今では大弓の竹弓師が製造しています。宮崎県都城市は日本を代表する竹弓の生産地です。竹弓師制作の四半弓は、1張り1張りを丁寧に手作りしてあり、独特の形が特徴で、竹弓のような裏ぞり(そりを入れることで反発力が強くする)のある弓です。竹弓制作の経験から竹の芯を挟み込んで、弓に彈力性を持たせてあり、弱い弓力ながらも矢飛びのいい弓として高い評価をいただいています。
 現在では、竹の弓は取り扱いが難しいので、合成の弓が主になっています。大きく分けるとグラスファイバーとカーボンがありますが、その違いは、カーボン製の方は、引いた感じが柔らかく、矢を飛ばした時にはずみがよいようです。叉、カーボン製の方が重さは軽くできています。

 弓の選び方
  
 最初に、弓から選びます。弓の強さは、60cm引いた場合の強さが表示してあります。射手の体格(腕の長さ)で弓の強さは変わってきます。弓が強いほど矢の飛びは早く良くなります。基本的には、体格の小さい人ほど強く、大きい人ほど弱い弓を購入してください。強さは、弓の表示が3.6kgから4.2kgが標準です。当店で実際の弓力(弓を自分の腕の長さに引いて出す)をいろいろな方に出していただきましたが、男の方で、実質 4.5kg、女の方でも4.3kg以上あったほうが、良い成績が出ているようです。
                
 
 弓の価格 (税込み)
    ハイ! カーボン 蔵吉作     ¥45,000−
       FFひむかの弦、握り皮矢置き、弓内袋、すべり留めチップ
 
    スーパーカーボン 蔵吉作     ¥40,000−
       FFひむかの弦、握り皮矢置き、弓内袋、すべり留めチップ
  
    カーボン 蔵吉作         ¥35,000−
       握り皮矢置き、弓内袋、すべり留めチップ
 
    Gカーボン  蔵吉作        ¥30,000−
       握り皮矢置き、弓内袋、すべり留めチップ

    
グラスファイバー 蔵吉作     ¥27,000−
       握り皮矢置き、弓内袋
  
     Fグラス 普及用 蔵吉作      ¥21,000− 
       
握り皮矢置き、弓内袋
   
 
 
 
   先に、弓から選び、弓の実際の強さに応じた矢の重さ、硬さの矢を選びます。競技では、1本しか使いませんが、予備の矢としてもう1本あったほうが安心ですので同じような矢を選びます。
  以前は竹矢が主流でしたが、今ではカーボン製が多く使われています。カーボン矢の特徴としては、熱、湿気に左右されず扱いやすい、価格が安い等の特徴があります。矢に付いてる羽根で価格が変わります。現在ではワシの羽根は、ワシントン条約で保護鳥に指定されているので入手できません。今、出回っているのは昔輸入された羽根で、高価な羽根になっています。アメリカンターキー(アメリカの食用として飼育されている大きな七面鳥)羽根は、入手しやすく、安価で丈夫ですので、小さなワシ羽根より多く使われています。
   矢の選び方は、自分の弓の強さ(弓を引いた時、弓の強さと引いた長さで計る実際の弓の強さ)に  応じて選びます。弓の強さに対して矢が硬いと的の右方向に飛び、柔らかいと左側に飛びます。叉、重い矢の場合は、下に落ちますし、軽いと上の方に飛んでいきます。右に飛ぶからといって大弓のよ  うに弓をひねって左に飛ばしてはいけません。矢が右に飛ぶからといって左をねらうのでなく、弓をまっすぐ押して的の中心をねらい、当たるような矢を選びます。
  矢に表示してある 例えば 八・五 等の数字は、8匁5分約32gを意味しています。
 
   矢の価格
      カーボン製 5本組Kタイプ 羽根ターキー白色  ¥18.900−
    
    
  カーボン矢 Eタイプ ターキー羽根  ¥ 6,000−から
      カーボン矢   ステンレス製矢尻、ターキー羽根  ¥9000−
      
      カーボン矢 チタン製矢尻、ターキー羽根     ¥10,000−から
       
      竹製矢                ¥10,000−から
        矢(箟)を作るのに、時間も熟練した技術も要ります。曲がりのある竹を矯正してある
        ので時々箟矯めを(まっすぐ)します。
    
 付属品                           
   弓袋              ¥5,500−
     
弓と矢が入る一体式のレザーケース いろいろな色、模様があります。
   
   FFひむかの弦          ¥3,000−
     扱いやすく 飛びのいい 丈夫な弦
     最先端の弦の原糸(ファストフライト)です。2年くらいで交換してください。
   
   ケブラ製煮込み弦
         ¥700−
 
   クリア矢筒            ¥2.000−
    矢が痛まないように、透明な筒の中に入れて持ち運びます。2本入   
   
   正座いす
             ¥2.700− から
    競技中20分位正座しますので、人によってしびれ予防として使います。
   
   巻きわら(的)        
  ¥8,400−   
   ポリプロペイン(PP)製      ¥17,000−


   的紙               ¥500−(100枚)
   
   公認標的的   4寸5分、スジ、3寸    
1個 ¥50−
             2寸、1寸5分       1個 ¥40−
   
  弓と矢と弓袋をセットでお買い上げいただきますと、クリア矢筒をサービスします。 

四半的トップに戻る  
 
           宮崎県四半的弓道連盟指定店・熊本県四半的弓道連盟指定店
                       宮崎県伝統的工芸品指定店
         守山弓具店
           〒880-0841 宮崎市吉村町大町前2864−4 
           TEL(0985)23-2742 FAX(0985)23-2725 
             IP電話    050−7503−6266
           弓と矢ホームページ http://www.face.ne.jp/morikyu