弓を引いて矢を飛ばしてみたいと思ったことはありませんか。的に当たった時の爽快感 やった! 当たったと思います。それが意外と簡単にできるのです。四半的とは、誰でもできるミニ弓道、ミニアーチェリーです。アーチェリーと同じような射ち方で、当たりの本数を競います。
 普通、弓を引くというと、強い弓を引いて、力を振り絞り、作法や複雑な道具を使ってというイメージがありますが、四半的はそんなことはありません。          
 短く、弱い弓(4尺5寸約160cm)を使って、弓と同じ位の長さの矢(4尺5寸約160cm)を、正座をしたり、椅子を利用して、8m先(4間5尺)先の的(4寸5分約13cm)をねらいます。どのサイズも
4.5だから四半的と呼ばれています。
 四半的を、農民武道だとか、何か日本に伝わる古式武道のように宣伝しているのを見ますが、宮崎県日南市飫肥地方の農民、庶民の間に古くから伝えられているレクレーションの一つです。1日の農作業の疲れを、一人や近所の人達と軒先で弓を引いて癒したり、ふれあいの一つとして長い間伝えられてきました。

            

 今では、生涯スポーツの一つとして行われており、老若男女、年齢を問わず、集中心を養ったり、緊張感を味わい、同じ趣味を持つ仲間とのふれあいを大事にする手軽なスポーツです。
 一人でもできますし、、仲間を募ったりして、自宅の庭、廊下、公民館、コミュニティセンター、ビニールハウス等、いつでもどこでも手軽にできます。又、むずかしい作法もいらないので、手軽なレクレーション、スポーツとして、全国各地に広まっています。450年の歴史のある宮崎県飫肥地方に伝わる四半的を一緒に始めませんか。                  
        資料、価格などお気軽にお問い合わせください。

 

 四半的では、矢は1本しか使いません。宮崎県外に行ってみると、よく4本まとめて射ったりしていますが、的中を競う競技ですので、大きな的4寸5分には当たっても、小さな的にはむずかしいものです。4本とも同じような矢ですが、それぞれに矢の特性、くせがあるので、大きい的に当たっても小さい的にはむずかしいものです。射ち方も早くなり、射型もこわれてしまいます。
 宮崎でやっているように、1射に対して、緊張感と集中心を持って確かな射ができるよう練習をされることをお勧めします。一人での練習の場合、1本では矢取りが面倒でしょうが、何人かでされる時は、1本射ちがいいと思います。

新設しました
フェイスブック  

掲示板      四半的弓道のことなら何でもどうぞ

http://6628.teacup.com/morikyu/bbs
大会の成績表が見れます


 おかげさまで開店30年を迎えました。皆様方のおかげです。

 新型カーボン矢は好評です。3種類ありますので、どなたにも合うように作られています。
ぜひ お試し下さい。

 
 公式大会日程表

宮崎県四半的弓道連盟認定大会

8月23日(日) 佐土原大会 佐土原西体育館 出店します

9月 6日(金) 日向十五夜大会 サンドーム日向 出店します 
9月13日(日) 高千穂大会 高千穂武道館 出店します
9月26日(土) 天草五橋祭大会 松島アロマセンター 出店します 
9月27日(日) 霧島酒造大会 山之口体育館 出店します  
 

10月12日(月) 都城酒造大会 
10月17日(土) 飫肥城下祭り大会 飫肥中第2グラウンド 出店します 
10月23日(金) 狭野神社大会 神社境内 雨天順延 出店します
10月27日(火) 宮崎神宮大会 東神苑 出店します

11月1日(日) 西都原古墳祭り大会 古墳公園 雨天西都市体育館 出店します
11月3日(火) 南郷霧島神社大会 南郷海洋センター
 出店します
11月8日(日) 都於郡城址大会 城址 雨天中学校 
11月9日(月) 榎原神社大会  榎原地区体育館 出店します
11月23日(月) 日向大御神社大会 神社境内 出店します 雨天順延
   


 熊本県四半的弓道連盟認定大会

 9月 5日(土) 松島大会 松島アロマセンター
 9月12日(土) 有明大会 有明町体育館 出店します
 9月13日(日) 高千穂大会 高千穂町武道館 出店します
 9月26日(土) 天草五橋祭大会 松島アロマセンター 出店します

10月 4日(日) スポレク嘉島大会 嘉島町民体育館 出店します
 9月22日(火) 多良木町民体育館 
10月25日(日) 苓北大会 苓北町体育センター 出店します 

11月 8日(日) 熊本秋の大会 県民総合運動公園体育館 出店します
11月15日(日) 湯前大会 湯前B&Gセンター
11月22日(日) 秋季総合大会 不知火町武道館 出店します


 
 宮崎県より 四半的矢の伝統工芸士の認定をされました

 平成23年3月 <宮崎の自然や風土がはぐくんだ宝の継承に尽力されたことに感謝すると>25年従事期間を経て認証される宮崎県伝統工芸士の認定を家内守山ひろ代と共にいただきました。この仕事に夫婦2人で携わってまいりましたが、皆様方の厚いご指導のおかげと深く感謝しております。後継者がいないので、これから何年できるかわかりませんが、皆様方とふれあいながら、美しく丈夫なひむかの矢の伝統を守りながら、努めていきたいと思っております。
 今後ともよろしくお願いします。
当店の紹介
 
昭和60年サラリーマンから弓矢に転業。当時アーチェリーを趣味としてましたのでこの世界に入りました。伝統工芸師でもある、御矢師大山哲司氏に指導を仰いで弓道 四半的の矢を作り始めました。細かい手作業は得意でもなく、家内の方が器用でセンスもありそうでしたので引っ張り込み、共同作業で矢作りをしています。矢の出来は大山氏の ひむかの矢 の伝統を受け継いだ 美しく丈夫な矢 と自負しております。アーチェリーも含めた弓と矢の何でも屋として現在に至っております。私は弓矢のプロと自負していますが、お客様から見れば中途半端に見えるようです。
 四半的弓道の全国普及は私の夢。これからも唯一の専門弓具店として頑張りたいと思ってます。
 

         

週末には大会へ出店しますが、販売だけでなく弓と矢の修理がたくさんきます。時には、靴やめがねの修理もします。?

         店内

二人ですべて手作業で、量ができません

 

矢作りは曲がりの矯正がとても難しい行程です

          

 

  詳しい資料 価格表をお送りします。お気軽にお問い合わせください。       

 

宮崎県四半的弓道連盟指定店・
熊本県四半的弓道連盟指定店

                         
                
       宮崎県伝統的工芸品指定店
.
         
 
 〒880-0841 宮崎市吉村町大町前2864−4 
      TEL   0985−23-2742 
      
FAX  0985−23-2725
      
 
 E-mail:お問い合わせはこちらから
 


定休日 月曜日 土曜日 日曜祝祭日は、大会出店の為閉店していることが多いので、ご来店の際は電話でお確かめください。